データ・ジャーナリズム・アワード – 誰が賞を受賞することができますか?


この「データ・ジャーナリズム・アワード」は、世界中のデータジャーナリズムの分野で傑出した業績を祝うものです。大小のあらゆるメディア組織によって獲得することができます。この賞は、データ駆動型の記事や調査、データ駆動型のアプリケーションやデータの視覚化を使用したストーリーテリングプロジェクトの作品に与えられ、一般の人たちに関連するトピックをカバーして、社会に影響を及ぼすことを目指しています。

メディア企業、非営利団体、フリーランスや個人は、すべてデータジャーナリズム賞の対象となります。個人またはメディア企業や非営利団体のスタッフのチーム、そしてフリーランサーや個人によって制作された作品はすべて応募資格があります。組織間の協力の結果である作品も提出することができます。

政府機関、事業者又は貿易機関と関係している(金銭的になど)職員又はフリーランサーによって制作制作された作品は資格がありません。言い換えれば、賞はデータ視覚化の受託案件やブランディングの目的で制作されたプロジェクトには与えられません。審査員または前審査員からの重要なインプットを含む作品は、このコンペティションのエントリーは認められていません。

「データ・ジャーナリズム・アワード」の運営には、エントリーが適格かどうかを判断する最終的な権限があるとします。

Eligibility & Rules


コメント

8か月前